ピロリ菌検査と除菌治療

ピロリ菌外来

診察室ピロリ菌外来では、ヘリコバクター・ピロリ菌の検査・除菌を行います。一定の条件を満たす方は、2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。ピロリ菌感染者は、そうでない方と比べて、胃がんの発生リスクが大幅に高いとされていますので、一度検査を受けられてご自身のリスクをしっかりと把握されることをおすすめします。

ヘリコバクター・ピロリ菌

ピロリ菌ヘリコバクター・ピロリ菌とは、1982年にオーストラリアで発見された、胃の中に棲む糸状の細菌です。胃の粘液層内にもぐりこんで、粘膜の表面に付着したり、粘膜の細胞の間に入り込んだりして生息・増殖しています。

感染経路ははっきりと解明されていませんが、経口感染が主な経路を考えられています。そのため、衛生環境が整備さていなかった時代・地域・国での感染が多く、日本では65歳以上の方に多くみられるとされています。

現在、衛生環境が整備されるにともない、若い世代での感染率は低下しつつありますが、感染すると胃・十二指腸潰瘍の原因となるほか、胃がんの発生リスクを大幅に高めることがわかっていますので、「胃・十二指腸潰瘍の既往歴がある方」や、「ピロリ菌感染の家族歴がある方」などは、当クリニックできちんと検査を受けられることをおすすめします。

なお、当院ではピロリ菌感染の可能性を簡単1分で判定できる、チェックシートをご用意しています。ピロリ菌感染が気になる方は是非ご利用ください。

ピロリ菌検査

ピロリ菌の検査には、内視鏡を使用するものと、使用しないものがあります。

内視鏡を使用する検査

  • 迅速ウレアーゼ試験
  • 鏡検法
  • 培養法

内視鏡を使用しない検査

  • 抗体測定
  • 尿素呼気試験糞便中抗原測定

当クリニックでは、内視鏡検査を行って、ピロリ菌感染のリスクが認められる場合には、上記の方法を適切に組み合わせて、感染の有無を確認します。

ピロリ菌外来の診療

診察ピロリ菌検査により、陽性との確定診断が得られた場合には、保険適用で2回まで除菌治療が受けられます。従来は、胃・十二指腸潰瘍と診断された方のみ、保険が適用されていましたが、対象者の範囲が広がり、今では慢性胃炎と診断された方も保険適用となります。

ピロリ菌除菌の成功率

ピロリ菌の感染が認められた場合、除菌治療を行いますが、除菌治療の成功率は1回目で70~80%程度、2回目で95%以上とされています。つまり、内視鏡を使ったピロリ菌検査を受けられた方のほとんどが、保険適用で除菌に成功しているというわけです。

なお、保険適用となるのは2回の除菌治療までで、それ以降は自費診療となります。

除菌治療の流れ

1.診断

ピロリ菌検査により、ピロリ菌に感染しているかどうかを確認します。

陽性の場合

健康保険を使って除菌治療を行います。

陰性の場合

除菌治療は必要ありませんので、診療は終了となります。

2.1回目の除菌治療

ピロリ菌を除菌するために、除菌剤や胃の炎症を抑制するお薬などを服用します。1日2回の服用を1週間継続します。

3.除菌の判定

再度検査を行って、治療によりピロリ菌が除菌されたどうか確認します。

陽性の場合

健康保険を使って2回目の除菌治療を行います。

陰性の場合

除菌治療は終了となります。ただし、除菌に成功しても、一度ピロリ菌に感染した方は、そうでない方と比べて胃がんの発生リスクが高いため、年に1回の定期的な検査をおすすめします。

4.2回目の除菌治療

1回目の除菌治療とは異なるお薬を使って、ピロリ菌を除菌します。服用のペースは1回目と同様、1日2回・1週間です。

5.除菌の判定

再度検査を行って、治療によりピロリ菌が除菌されたどうか確認します。

陽性の場合

3回目の除菌治療を検討します。ただし、3回目以降は自費診療となります。

陰性の場合

除菌治療は終了となります。ただし、除菌に成功しても、一度ピロリ菌に感染した方は、そうでない方と比べて胃がんの発生リスクが高いため、年に1回の定期的な検査をおすすめします。

保険診療の治療対象者

  1. 内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた方
  2. 胃MALTリンパ腫の方
  3. 特発性血小板減少性紫斑病の方
  4. 早期胃癌に対する内視鏡的治療後の方
  5. 内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた方

当院で内視鏡検査を受けていただき、胃炎の診断が確定すれば保険診療での検査や治療が可能となります。また、当院受診の半年以内に他施設での人間ドックや検診などの胃カメラで、胃炎を指摘された方も保険診療の対象となります。前記の条件に加えて、ピロリ菌感染もあわせて診断されている方は、直接除菌治療から開始できます。
上記以外の方は、感染診断から除菌に至るまで自費診療となりますのでご注意ください。ご不明の点があればお問い合わせください。

自費診療の費用について

内容 費用(税別)
初診時(問診、診察、処方箋発行)(※1) 3,000
+感染診断(※2) 5,300
+薬剤費(院外薬局での調剤)(※3) 5,000
+除菌判定 5,300
総額の目安(※4) 14,00020,000

(※1)当院は院外調剤のため、薬剤費は含みません。
(※2)他施設でピロリ菌感染を診断された方は不要となります。
(※3)トマト調剤薬局での費用です。薬局により値段の設定が異なります。
(※4)1次除菌で治療が成功した場合。
 (注)1次除菌不成功の場合、薬剤費および除菌判定費が再度必要となります。

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る