胃がん(早期胃がん・進行胃がん・スキルス胃がん)の原因と治療法

胃がんとは

胃がんとは、胃にできた悪性腫瘍の総称です。胃がんの原因は様々ですが、正常な胃の粘膜の細胞が変化することで発症します。近年、胃がんの原因として注目されているのが、ピロリ菌の感染です。ピロリ菌感染者と、そうでない方を比べると、胃がんの発生リスクが大きく異なることがわかっています。

胃がんの特徴として、早期には自覚症状が現れにくいということが挙げられます。進行した場合でも、目立った症状が現れないことも少なくありません。そのため、胃がんを早期発見・早期治療するためには、年に1回など、定期的に胃カメラ検査などを受けることが大切です。

胃がんは、がんによる死因の上位を占めています。しかし、早期発見・早期治療すれば治せるがんでもあります。当クリニックでも行っている胃カメラ検査は、早期の胃がんの発見に有効な検査です。現在、お困りの症状がある方はもちろん、そうでない方も、40歳を過ぎたら定期的に胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。

  • 早期胃がん(隆起)早期胃がん(隆起)

  • 進行胃がん進行胃がん

胃がんの症状

  • 胃痛
  • 胃の不快感
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 喉のつかえ感

など

これらの症状以外にも、胃がんが進行すると、次のような症状が現れることがあります。

  • 腹部の痛み
  • 腹部の不快感
  • めまい
  • 息切れ
  • 吐血
  • 黒色の便が出る
  • 全身の倦怠感

など

胃がんの原因

胃がんが発症するメカニズムは、はっきりわかっていません。しかし、胃がんリスクを高める要因はわかっています。胃がんの発生リスクを高める要因として、まず「ピロリ菌の感染」が挙げられます。ピロリ菌感染による慢性的な胃粘膜の炎症は、胃がんの主原因の1つとされています。

そのほか、塩分の多い食事、野菜や果物の摂取不足、喫煙、過度な飲酒、ストレスなどの生活習慣が要因となって、胃がんが起こるとされています。

胃がんの種類

胃がんの多くは、胃壁から発生する「腺がん」で、さらにそれは「分化型胃がん」と「未分化型がん」に分類されます。未分化型がんには、増殖の速度が速い「スキルス胃がん」も含まれます。

分化型胃がん

がん細胞が、まとまりながら増殖する胃がんです。高齢の方や、男性に多くみられます。未分化型がんと比べて、悪性度は低いとされています。

未分化型胃がん

がん細胞が、ばらばらと拡散するように増殖する胃がんです。若年層や、女性に多くみられます。増殖の速度が速い「スキルス胃がん」もこれに含まれます。

胃がんの検査方法

胃がんの主な検査方法として、「バリウム検査」と「内視鏡検査(胃カメラ検査)」が挙げられます。

バリウム検査

バリウムを服用したうえで、レントゲンで胃の状態を確認する検査です。もう1つの検査方法である、胃カメラ検査よりも簡便に受けられますが、がんが疑われる病変を確定診断することはできません。また、早期の胃がんの発見にはあまり有効ではないといえます。

そのため、職場の健康診断でバリウム検査を受けて、異常が見つからなかった場合でも、胃がんをしっかりと予防したいのでしたら、胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。

胃カメラ検査

口または鼻から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸などの上部消化管を直接目で見て観察する検査です。早期の胃がんの発見に有効なほか、疑わしい病変が見つかった場合には、それを採取して、病理組織検査を行うことも可能です。

胃がんを早期発見・早期治療したいということでしたら、年に1回など、定期的に胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。

バリウム検査ではなぜ早期がんが見逃されることがあるのか?

バリウム検査では、液体を胃の表面に塗り、その凸凹を影として見て画像診断するため、隆起が低いとコントラストが出にくく、小さな病変や早期がんなどが見逃されるケースがあります。一方、胃カメラ検査の場合、ファイバースコープを使って検査を行っていた頃には、解像度が良くなかったため、高い精度が得にくかったのですが、今では「CCD(Charge Coupled Device)」や「CMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)」により、内視鏡の解像度は飛躍的に向上したので、小さな病変まで描出できるようになりました。

今、問題となっているのが、「バリウム検査で見つかるものは、内視鏡でも見つけられる」ということです。以前は、スキルス胃がんなど、胃の粘膜をはっていくようながんの発見は、バリウム検査の方が優位とされていましたが、技術の進歩により、今では内視鏡でも発見できる時代になりつつあります。

また、バリウム検査で疑わしい病変が見つかった場合、精密検査として胃カメラ検査を受けることになります。であれば、「最初から胃カメラ検査を受ければいい」という風にもいうことができます。

検査で異常はなかったが症状が続くような場合には

胃カメラ検査を受けて異常が見つからなかったものの、胃痛や吐き気などの症状が続くようでしたら、再度、当クリニックで胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。胃カメラ検査は胃がんの発見に有効な検査ですが、検査環境によっては、異常が見逃される場合もあります。例えば、たまたま病変に粘液が付着していて、診断がつかないようなケースもあれば、嘔吐反射がひどく、十分に胃を拡張させられなかったなど、検査を行う側の技術的な問題で見逃されるケースなどもあります。

他院で胃カメラ検査を受けて異常はなかったが、症状が続くような場合には、一度当クリニックへご相談ください。30年以上の実績を持つ「日本消化器内視鏡学会専門医」が、精度の高い検査を実施して、適切に診断させていただきます。

胃がんの治療方法

胃がんの治療方法には、大きく「内視鏡的切除」「外科手術」「化学療法」の3つがあります。胃がんの治療が必要な患者様には、近隣の基幹病院をご紹介させていただきます。

内視鏡的切除

内視鏡下で、がんの病巣を切除する治療です。内視鏡の進歩により、従来では切除が難しかったような病変も、的確に治療することができるようになりました。

外科手術

胃全体、または2/3以上を切除する「定型手術」や、一部だけを切除する「縮小手術」のほか、まわりの臓器も一緒に切除する「拡大手術」など、病状に応じて適切な方法が検討されます。

化学療法

主に「S-1」「シスプラチン」「パクリタキセル」「ドセタキセル」「イリノテカン」などの抗がん剤を使用して、がんの治療・再発予防をはかります。体

 

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る