食欲不振の病気と治療法

食欲不振でお困りではありませんか?

吐き気食欲不振とは、「食事を摂る気が起きない」「空腹を感じない」「食べ物が偏る」など、食欲が沸かない・失った状態のことをいいます。主な原因として、消化器の疾患、疲労、お薬の副作用、ストレス(肥満への恐怖心)などが挙げられます。

人間にとって、「ものを食べる」という行為は、生命活動を維持するうえで欠かせない行為です。食欲不振により、必要な栄養素が摂取できなくなる場合も考えられますので、「疲れているのだろう」「そのうち食べたくなるだろう」と軽視せずに、食欲が沸かない状態が長く続くようでしたら、お早めに当クリニックへご相談ください。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 23週間以上、食欲がわかない
  • 長期間、食欲不振が続いていて体重が減ってきた
  • 食事することを面倒くさく感じる
  • 食事を摂るのを忘れることがある
  • 「あっさりしたものばかり食べる」など、食事が偏っている
  • 食べ物を食べても味がしない(美味しく感じられない)
  • 胃痛や腹痛などの症状が原因で、食欲がわかない

など

このようなことでお困りの方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

食欲不振の原因

食欲不振の主な原因として、次のようなものが挙げられます。

消化器などの臓器の疾患

胃腸、肝臓、すい臓などの消化器や、他の臓器に疾患が起こっているために、食欲が失われる場合があります。胃がんの初期症状としても、食欲不振が起こる場合があるので、注意が必要です。臓器の疾患以外にも、風邪やインフルエンザで食欲不振になることもあります。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が低下することで、食欲不振になることあります。それ以外にも、全身の疲労感、無気力、発汗、便秘などの症状が現れる場合があります。

ストレス

ストレス仕事場での人間関係で悩んでいたり、家庭でトラブルが起こっていたりして、過度なストレスを受けると、副交感神経の働きが抑制されて、食欲が低下する場合があります。

生活習慣の乱れ

運動不足、睡眠不足などの不規則な生活により、自律神経が乱れて食欲が失われる場合があります。また、過度な飲酒も、食欲不振の原因となります。

食欲不振を起こす病気

食欲不振は、各種病気が原因で起こる場合があります。主な病気として、次のものが挙げられます

胃がん

胃がんが生成する「サイトカイン」という物質の影響により、胃の機能が低下して食欲不振が起こる場合があります

慢性胃炎(萎縮性胃炎)

ピロリ菌の感染が原因で慢性胃炎(萎縮性胃炎)が起こり、長期化すると胃の消化機能が低下するなどして、食欲不振を招く恐れがあります。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍になると、食べ物が胃の中に残留している感じがして、食べ物が受け入れにくくなり、食欲不振が起こる場合があります

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症により、ホルモンの分泌が低下して、食欲不振を招く恐れがあります。甲状腺機能低下症では、食欲がわかず食事が摂れないのに、体重が増えてしまう場合があります。

問診時におうかがいすること

食欲不振でお困りでご来院された方には、まずは食欲不振が起こった時期、程度、体重減少などの付随症状はないかなどを詳しく確認します。また、毎日の生活の状況や、服用中のお薬などについてもおうかがいします。そうして段階を踏んで原因を探っていき、なぜ食欲不振が起こっているのかを調べていきます。お体の異常以外にも、心理的な要因で食欲不振が起こることもありますので、そういった点にもアプローチしていきます。

問診の結果、お体に何か異常が起こっていることが疑われる場合には、血液検査、エコー検査、胃カメラ検査など、適切な検査を行います。

食欲不振の検査方法

食欲がなくなったとお感じの時期や、既往歴や服用中のお薬、摂取した食べ物などをおうかがいしたうえで、必要な検査を行います。食欲不振の検査方法として、胃などの消化管に疾患がないかを確認するために、内視鏡検査(胃カメラ検査)を行ったり、甲状腺機能低下症が原因でないかを確認するために、血液検査を行ったりします。

当クリニックでは、患者様が身体への少ない負担で検査が受けられる、胃カメラ検査を実施しています。豊富な内視鏡検査の実績がありますので、安心してお任せください。

食欲不振の治療方法

血液検査や胃カメラ検査などの検査を行い、原因がわかれば、その原因に対して適切な治療を行います。特に異常が見受けられない場合には、ストレスや生活習慣の乱れなどが考えられますので、ストレスの上手な解消方法や、生活習慣の改善などをアドバイスさせていただきます。

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る