慢性胃炎(萎縮性胃炎)の原因と治療法

胃炎でお困りではありませんか?

胃炎

胃炎とは、胃の粘膜で炎症が起きた状態をいいます。食べ過ぎ、過度な飲酒、喫煙、ストレスなどが原因となる「急性胃炎」と、多くの場合、ピロリ菌の感染が原因となる「慢性胃炎」に分けられます。

慢性胃炎のうち、ピロリ菌の感染が原因の場合には、そのまま放っておくと胃・十二指腸潰瘍のほか、胃がんを引き起こす恐れがありますので、注意が必要です。また、慢性胃炎が長期にわたって続き、胃の粘膜が薄くなると、「萎縮性胃炎」という状態になり、胃がんの発症リスクが高まります。

胃炎という病気について

胃炎とは、本来は胃の粘膜に組織学的炎症、すなわち病理診断で組織に炎症があることが診断されたものがある状態をいい、「胃がむかつく」「胃が重い」というような自覚症状から診断するものを症候性胃炎と呼びます。昔は、胃に症状があればひとまとめに「胃炎」といわれていましたが、最近ではピロリ菌感染によって起こる胃炎と、機能性ディスペプシア(FD)のような、胃の機能性の低下で起こる胃の症状というように、区別されるようになっています。

こんな症状が現れます

急性胃炎

  • 胃痛
  • 胸焼け
  • みぞおちあたりの痛み
  • 吐き気
  • 腹部の不快感
  • 膨満感
  • 下血

など

慢性胃炎(萎縮性胃炎)

  • 胃痛
  • 胃が重い
  • 胃がむかつく
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 腹部の張り
  • 食欲不振

など

※無症状の場合もあります。
このような症状がある場合には、お早めに当クリニックまでご相談ください。

胃炎の原因

急性胃炎

飲酒・喫煙・刺激物の摂取

食べ過ぎ・飲み過ぎ、トウガラシなどの刺激物の摂取により、急性胃炎が起こることがあります。また、日常的に飲酒・喫煙していると、胃液が過剰に分泌されて、胃の粘膜で炎症が起こることがあります。

ストレス

ストレス過度なストレスを受けることで、自律神経が乱れてしまい、胃酸が過剰に分泌されて、胃の粘膜で炎症が起こることがあります。

 

慢性胃炎

ピロリ菌の感染

ピロリ菌慢性胃炎のうち、約80%がピロリ菌感染が原因とされています。ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけることで、慢性胃炎を引き起こすとされています。

萎縮性胃炎

慢性胃炎の長期化

慢性胃炎が長期にわたって続くと、炎症により胃の粘膜が薄くやせてしまう、萎縮性胃炎という状態になります胃の萎縮が進行すると「腸上皮化生(ちょうじょうひかせい:胃の粘膜が腸の粘膜のような状態になること)」が起こることがあり、これの一部が胃がん化するとの報告がなされています。

胃炎の種類

急性胃炎

食べ過ぎ・飲み過ぎ、トウガラシなどの刺激物の摂取、ピロリ菌感染などが原因で、急に胃の粘膜に炎症が起こった状態です。胃痛などの症状が現れますが、通常、2~3日程度で治まります。

慢性胃炎

胃炎が慢性化したものです。約80%がピロリ菌感染によるものとされています。胃の粘膜が弱まっているため、治療に時間がかかることもあります。胃痛、吐き気、胃もたれ、胸焼けなどの症状が現れ、放っておくと胃潰瘍に進行するケースもあります。

萎縮性胃炎

慢性胃炎が長期化することで、胃の粘膜が薄くなって脆弱になった状態です。進行すればするほど、治療に時間がかかるようになり、放置すると胃がんに進行するケースもあります。

神経性胃炎

過度なストレスや疲労などが原因で、自律神経が乱れてしまい、胃酸が過剰に分泌され手起こる胃炎です。胃痛、喉のつかえ感、胸焼けなどの症状が現れます。

萎縮性胃炎が胃がんへ進行する流れ

ピロリ菌の感染などが原因で慢性胃炎になり、それが長期化すると、胃の粘膜が委縮して「萎縮性胃炎」という状態になります。さらに胃の粘膜の萎縮が進行すると、大腸や小腸の粘膜に似た状態となり、「腸上皮化生(ちょうじょうひかせい)」が起こる場合があります。そして腸上皮化生の一部ががん化して、胃がんを発症させると考えられています。

こうしたことから、慢性胃炎(萎縮性胃炎)は前がん病変と考えられており、胃がん予防のためには早期発見・早期治療が重要となります。

胃がんへの進行の流れ

慢性胃炎
萎縮性胃炎
腸上皮化生
胃がん

 

胃炎の検査方法

急性胃炎に対しては、現在の症状を詳しくおうかがいするとともに、摂取した食べ物・飲み物や、お薬の服用状況などについて確認します。また、必要に応じて内視鏡検査(胃カメラ検査)を行って、胃の粘膜の状態を観察することもあります。

慢性胃炎に対しては、胃カメラ検査を実施して、胃の粘膜の状態を詳しく確認します。胃の粘膜で萎縮が起きていると、そこから胃がんが発生する場合もありますので、きちんと検査を受けて、早い段階で治療しておくことが重要となります。

胃カメラ検査は、当クリニックで受けていただくことができます。日本消化器内視鏡学会専門医が、精密な検査を行って、的確な診断させていただきます。

胃炎の治療方法

胃炎の治療には、大きく3つの方法があります。「薬物療法」「ピロリ菌の除菌治療」「生活習慣の改善」です。

薬物療法

患者様お一人おひとりの症状に応じて、胃酸の分泌を抑えるお薬や、胃の粘膜を保護するお薬などを処方します。市販薬で改善する方もおられるかと思いますが、胃がんなどでも同じような症状が現れるため、きちんと病院で検査・治療を受けられることをおすすめします。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌を除菌するために、除菌剤や胃の炎症を抑制するお薬などを服用します。1日2回の服用を1週間継続します。なお、内視鏡を使ったピロリ菌検査により、慢性胃炎と診断された場合には、2回まで保険適用で除菌治療が受けられます。

生活習慣の改善

食べ過ぎ・飲み過ぎ、コーヒーや香辛料などの刺激物の摂取、飲酒・喫煙などの生活習慣を改善することで、症状の改善・再発予防をはかります。

除菌治療後、ピロリ菌に再感染するリスク

ピロリ菌の感染は、2~5歳ごろなど、免疫力が弱く、胃酸の分泌が十分でない子供の時に起こるとされています。経口感染しやすいピロリ菌は、上下水道が普及していなかったり、衛生環境が悪かったりした昔に多くみられ、その時代に幼少期を過ごした65歳以上の方では、感染率は80~90%程度といわれています。しかし、衛生環境が整備されるにしたがい感染率は低下の一途をたどり、20~30代などの若い世代では20%程度で、全体的にも2030年ごろになると極端に低くなることが予想されています。このように感染率が低下しつつあるピロリ菌は、一度除菌すれば日常生活で再感染する可能性は極めて低いといえます。

しかし、一度でもピロリ菌に感染したことがある方は、除菌しても胃がんリスクはゼロにはなりませんので、ピロリ菌の感染歴がある方は油断せずに、1年に1回、定期的に胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。

よくある質問

「萎縮性胃炎」の「萎縮」とは、どんな状態のことをいうのですか?

「萎縮」と聞くと、胃の粘膜がシワシワになったり、縮こまったりたした状態を想像されるかもしれませんが、そうではなく、胃の粘膜が薄くなって脆弱になった状態をいいます

萎縮性胃炎から胃がんが発症する可能性はどのくらいですか?

萎縮性胃炎がある方と、そうでない方を比べた場合、胃がんの発症リスクが4倍近く違うとの報告があります

ピロリ菌の感染の有無はどうやって調べますか?

内視鏡(胃カメラ)を使って、ピロリ菌の感染の疑いがある場合には、「迅速ウレアーゼ試験」・「鏡検法」・「培養法」という検査で確認します。

治療を受ければピロリ菌は除菌できますか?

ピロリ菌の除菌治療は、内視鏡を使った検査で「胃・十二指腸潰瘍」「慢性胃炎」と診断された場合、2回まで保険適用で受けられます。このうち、1回目の除菌治療の成功率は7080%程度、2回目は95%以上とされています。ほとんどの方が、2回目までに除菌に成功されています

萎縮性胃炎を予防するためには、どうすればいいですか?

萎縮性胃炎を予防するためには、刺激が強い食べ物や、消化しにくい食べ物を控える、飲酒・喫煙を控える、ストレスを上手に発散するなど、生活習慣の改善が大切となります

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る