医院名:美馬内科クリニック 住所:〒770-8012 徳島県徳島市大原町千代ケ丸127−1 電話番号:088-677-5171

診療案内(診療科目)

こんな疾患でお困りの方は

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症
  • 痛風
  • 肥満症
  • 慢性甲状腺炎
  • バセドウ病
  • 風邪
  • 花粉症
  • 喘息

などの疾患でお困りの方はお気軽にご来院下さい。

一般内科

こんな症状でお困りではないでしょうか?

  • 体重急変
  • 貧血
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • 不整脈
  • むくみ
  • こむら返り
  • 寝汗
  • 鼻水
  • 手足がつる
  • 声が出ない
  • 食欲がない
  • 吐気
  • 嘔吐
  • 胸やけ
  • 膨満感
  • お腹の張り
  • 血便
  • 黒い便
  • 発疹
  • 頻尿
  • 便秘
  • 黄疸
  • 胃痛
  • 腹痛
  • 息苦しい
  • たん
  • 喉の痛み
  • 鼻づまり
  • 顔のほてり
  • めまい
  • 筋肉痛
  • 不眠

内科とは、「内臓の病気を手術せずに治療する医学の一分科」と定義されているように、内臓の病気を幅広く診察いたします。一般内科では、風邪、胃腸炎などの感染性疾患、脳梗塞や心筋梗塞などの循環器疾患、じんま疹や花粉症などのアレルギー疾患など幅広く対応いたします。体調の不良を感じたときには、まずは当院にご相談ください。

消化器内科

こんな疾患でお困りの方はおなかの臓器の異常に関しては、より専門性をもって対応いたします。

  • 逆流性食道炎
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 便秘
  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 胆石
  • 慢性膵炎
  • 慢性肝炎
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 消化器がん

など、消化器分野の各種疾患の診療をいたします。

生活習慣病(糖尿病内科)

生活習慣病とは

生活習慣病とは、かたよった食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒、ストレスなど、好ましくない習慣や環境の積み重ねで発症する疾患です。
高血圧、高コレステロール血症などの脂質異常症、痛風、糖尿病などがありますが、生活習慣の改善も含めてご相談を承ります。

糖尿病内科

糖尿病とは、インスリンの作用が低下したり、分泌量が減ったり、まったく分泌されなくなったりすることで、慢性的に高血糖状態が続く病気です。放置していると、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」など「糖尿病の3大合併症」のほか、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気を合併することもあります。

元々、日本人は遺伝的にインスリンが少ないため、糖尿病を発症しやすいとされています。それに加えて、近年、生活習慣の変化により、「食生活の乱れ」「運動不足」「肥満」「ストレス」などの発症要因が加わりやすい環境にあることから、糖尿尿でお困りの患者様は増え続けています。

糖尿病内科では、「食事指導」「運動指導」を基本に、糖尿病患者様の血糖コントロールをサポートするとともに、必要に応じて経口薬やインスリン注射などの「薬物療法」を行って治療します。患者様お一人おひとりの病状や、ライフスタイルに合わせて、最適な治療方針をご提案させていただきます。

花粉症

毎年の花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)でお悩みの方のために、花粉症の治療も行っています。お一人おひとりの病状に合わせて、内服薬や鼻スプレーなど、適切な治療方法をご提供させていただきます。くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのつらい症状でお困りなら、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

検査・検診

特定健診

特定健診

特定健診とは、生活習慣病の予防・改善のために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を重視した項目で構成されている健康診断です。40~74歳の被保険者・被扶養者が対象となります。

当クリニックでも、この特定健診を通じて、皆様の生活習慣病の予防・改善をお手伝いしたいと考えています。健康を維持するためには、まずはご自身のお体の状態を正しく知ることが一番です。是非、特定健診を受けられて、普段の健康管理に役立てるようにしてください。

その他検診

  • 大腸がん検診
  • 前立腺がん検診
  • 胃内視鏡による胃がん検診
  • もの忘れ検診

など。

予防接種

当院では予防接種も行っています。定期接種のワクチンは準備の関係上、接種希望日の3日前までにご予約いただけますようお願い申し上げます。
インフルエンザワクチンに関しては、その都度トップページのお知らせでご案内いたします。
令和3年5月より接種が始まる、新型コロナワクチンに関する情報もご参照下さい。なお、接種のご予約は徳島市のコールセンターやweb予約システム、当院への電話などは受け付けておりません。窓口に設置した予約簿で承っております。

予防接種の種類について

定期接種

法律に基づいて自治体が主体となって実施するものです。
基本的には自己負担なく受けられます。接種スケジュールについては下記のサイトをご参照いただくか、当院にご相談ください。

任意接種

希望者が各自で受けるものです。費用は自己負担となります。

新型コロナワクチン

令和3年5月末から開始されます。希望者が各自で受けるものです。自己負担なしで受けられます(令和3年5月現在)。

 

当院で接種可能なワクチンの種類

定期接種 (対象年齢は政令で規定)
生ワクチン
  • BCG
  • 麻しん風しん混合 (MR)
  • 水 痘
不活化ワクチン・トキソイド
  • 4種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ混合)
  • 2種混合(ジフテリア・破傷風混合トキソイド)
  • 日本脳炎
  • 小児用肺炎球菌
  • インフルエンザ菌b型 (Hib)
  • B型肝炎
【任意接種】
ワクチンの種類 料 金(税別)
生ワクチン ■ 流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ) 5,000円
■ 麻 疹 (はしか) 6,000円
■ 風 疹 5,500円
■ 麻しん風しん混合 (MR) 9,000円
■ 水痘・帯状疱疹 7,500円
不活化ワクチン・トキソイド ■ インフルエンザ (注1)
■ A型肝炎 8,000円
■ B型肝炎 5,500円
■ 破傷風トキソイド 3,000円
■ 肺炎球菌 7,000円
メッセンジャーRNAワクチン ■ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 自己負担なし

注1:下記より期間および料金についてご確認お願い致します。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで、38℃以上の発熱、頭痛、喉の痛みなどの症状を引き起こす感染症です。風邪と似た症状が現れますが、風邪よりも症状は重く、小さな子供や高齢者の方が発症すると、重症化することもあります。

インフルエンザの予防接種

100%ではありませんが、有効な予防方法としてワクチン接種があります。インフルエンザは毎年、12月から翌年3月ごろにかけて流行するので、流行期に入る前に接種するようにしましょう。なお、去年ワクチン接種を受けた場合でも、毎年、異なるタイプのものが流行するため、1年に1回接種するのが望ましいとされています。

説明動画はこちら

ワクチン接種の時期

ワクチン接種後、効果が現れるまでに2週間程度かかります。また、例年の流行期は12月から翌年3月ごろなので、10~12月上旬ごろまでに接種するようにしましょう。令和3年では、新型コロナワクチンの接種事業が進められています。新型コロナワクチン接種の前後を含めて7週間はインフルエンザの予防接種ができなくなります。このため、当院での接種開始時期は令和3年11月からといたしました。

接種期間

令和3年度の接種期間は、令和3年11月1日から令和4年1月15日までといたします。今シーズンも密を避けるため、すべて予約制にいたしますのでご理解のほどお願い申し上げます。ご予約はお電話にて承ります。なお、ワクチンがなくなり次第、予告なく接種を終了することがございますのでご理解を賜りますようお願い申し上げます。
088-677-5171までお電話ください。

事前web問診および予診票ダウンロード

一般の方の予防接種に関しては、当院ホームページの事前web問診の項目から予診票の入力が可能です。令和3年10月21日より入力が可能になりますので、ご利用いただけますようご案内いたします。事前web問診ができないときには、インフルエンザ予防接種の予診票のダウンロードが可能です。あらかじめダウンロードをしていただき、ご記入いただくことで、院内での滞在時間を短くすることができます。新型コロナウイルス感染症の広がりを防ぐ意味でも是非ご利用ください。公費対象者の方には受付窓口にて、事前に予診票をお渡しいたしますので、ご自宅でのご記入をお願いいたします。

接種料金(税込)
1回目 2回目
(当院で1回目接種した方)
一般の方
※生後6ヶ月未満は接種不可
3,500円 2,500円
公費対象者 1,600円
公費対象
  1. 徳島市に住民票があり、接種日において65歳以上の方
  2. 徳島市に住民票があり、60~64歳で心臓・じん臓・呼吸器に日常生活が極度に制限される重い病気がある方、および、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害で日常生活がほとんどできない方(意思確認のできない方への接種はできません。自費接種となります)
接種回数
  • 生後6ヶ月~12歳 :2回接種が望ましい
  • 13歳以上 :原則1回接種
  • 65歳以上 :1回接種
接種間隔 1回目接種後から2~4週間

インフルエンザ予防接種よくある質問

インフルエンザ予防接種を受けると、新型コロナウイルス感染症にもかかりませんか?

インフルエンザワクチンはインフルエンザの発病や重症化を防ぐ効果はありますが、新型コロナウイルスには効果がありません。2021年の秋から冬にかけても新型コロナウイルス感染症の流行が続くと予測されることから、両方に感染する危険を避けるためにも接種されることをお勧めいたします。

予防接種の効果を教えてください

発熱やのどの痛みなど、インフルエンザの症状が出ることを「発病」、発病後、肺炎や脳症などの思い合併症を起こすことを「重症化」といいます。日本国内の研究によると、福祉施設に入所している65歳以上の高齢者において、「発病」や「重症化」を抑える効果があったとされています※1。予防接種の目的は、絶対にかからなくする、というものではなく、インフルエンザの「発病」や「重症化」を抑えることにあります。

※1平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」

妊娠中ですが予防接種はできるのですか?

妊娠中にインフルエンザになると、重い合併症などで入院となるリスクが高くなることが報告されています。また、インフルエンザウイルス感染により、流産率や死産率が増加するとの報告もあります。国内で使用されているワクチンは、不活化ワクチンといって、処理により病原性をなくしたウイルスを使用しているため、胎児に悪影響があったとの報告はなく、接種することで流産や死産のリスクを低下させることが期待されます。

授乳中ですが予防接種はできるのですか?

妊娠中の予防接種でもふれましたが、インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンといってワクチンの成分による感染は起きることがありません。授乳中に、おかあさんからのインフルエンザウイルスの感染を予防することが大切です。授乳中に予防接種をしても赤ちゃんに悪い影響をおよぼすことはないのでご安心ください。

卵アレルギーがあるのですが、ワクチンを接種しない方がいいのでしょうか?

インフルエンザワクチンは、ふ化鶏卵培養法といって、有精卵(ふ化鶏卵)の中に微量のインフルエンザウイルスを接種して、ウイルスを培養・精製してつくります。製造の過程でごく微量の卵の成分が含まれますが、数ng/mlときわめて微量でWHOの基準よりはるかに少ないことから、ワクチンの接種によって、じんま疹、呼吸困難、ショックなどのアナフィラキシーを起こしたことがない限り予防接種は可能です。

アトピーや喘息など、アレルギー疾患がありますがワクチンの接種はできますか?

ワクチンの成分によって、じんま疹、呼吸困難、ショックなどのアナフィラキシーを起こしたことがある人は接種ができません。前記以外の方で、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎あどのアレルギー体質であっても予防接種は可能です。

ワクチンは何回打てばいいですか?

13歳未満の方は2回接種、13歳以上の方は1回接種をお勧めしております。1回目と2回目の間は2~4週間(望ましいのは4週間)開けてください。

インフルエンザ予防接種のときには何を持って行けばいいのでしょうか?

診察券をお持ちください。初診の方は登録のために保険証の提示をお願いしています。65歳以上であるか、60~64歳で心臓・じん臓・呼吸器に日常生活が極度に制限される重い病気がある方、および、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害で日常生活がほとんどできない方は、公費負担者として\1,600円で受けていただけます。確認のための保険証もしくは運転免許証などをお持ちください。また、公費対象者の方のうち、徳島市以外の徳島県内にお住まいの方は、居住地の保健センターで予診票の発行を受けて下さい。予診票をお持ちでない場合、一般接種扱いとなり接種料金は「3,500円」になりますのでご注意下さい。

熱がありますが、予防接種は受けられますか?

体温が37.5度以上ある方は接種ができません。ご自宅で検温をして37.5度以上あった場合、キャンセルのご連絡をお願いいたします。

副反応について教えて下さい

副反応とは、ワクチンの接種の後で起きる、発熱、腫れ、痛みなどの好ましくない変化を指します。副反応には、接種部位の発赤、腫れ、痛みなどの局所反応が10~20%に、発熱、頭痛、寒気、だるさなどの全身反応が5~10%に見られます。これらは通常4-5日でよくなります。重い副反応としては、1.ショック、じんましんや呼吸困難などのアナフィラキシー様症状、2.けいれん、運動障害、意識障害などの症状がみられる、急性散在性脳脊髄炎、3.両手足のしびれ、歩行障害などの症状がみられる、ギランバレー症候群、4.肝機能障害、喘息発作、紫斑、などが見られますが、頻度は極めてまれです。

重い副反応が出た場合、どうすれば良いのですか?

上記の副反応のところで触れましたが、けいれん、意識障害、強い頭痛などの重い症状が出た場合、速やかにご連絡ください。しかるべき対応をいたします。また、最善を尽くしても重い健康被害が生じた場合、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づいた救済制度が設けられています。

さらに詳しくはこちら
厚生労働省「インフルエンザQ&A」

新型コロナワクチン

ワクチンの特徴

新型コロナウイルスが、ヒトの細胞へ侵入するために必要なスパイクタンパク質の設計図となるメッセンジャーRNA(以下mRNA)を脂質でできた膜に包んでワクチンにしたものです。ワクチンの接種により、mRNAがヒトの細胞内に取り込まれると、細胞内で接種されたmRNAを基にして新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が作られ、これに対する抗体が産生されたり細胞性免疫応答が誘導されることで感染の予防ができるとされています。費用は全額公費で負担(無料)されます。

実際の説明動画はこちら(首相官邸の動画より)

徳島県チャンネル・徳島大学西岡教授による説明

接種回数と接種間隔

1回目の接種後、3週間開けて2回目の接種を行います。もしも接種後3週間以上経った場合は、速やかに2回目の接種をうけるようにして下さい。また、ワクチンの種類は1回目と同じである必要があります。当院ではファイザー製のワクチンを採用していますので、1回目と2回目のワクチンが異なることはありませんのでご安心下さい。

厚生労働省による接種の流れの動画

接種対象の方

接種対象者には優先順位が定められており、徳島市のホームページから引用してご紹介致します。

接種の優先順位
  区分 条件等 実施期間
1 医療従事者(注1)

新型コロナウィルス感染症患者(疑い患者を含む)に
頻繁に接する機会のある医師その他の職員

令和3年3月から5月までの間
2 高齢者(65歳以上) 昭和32年4月1日以前に生まれた人 令和3年5月末の予定
3

1、2以外の方(基礎
疾患のある方(注2)等を優先)

(注3)

60~64歳の方の予約は令和3年7月6日(火)8時30分より始まります。

 

(注1)ワクチン供給量が非常に少ないので、
    市内で接種が始まっている医療機関は
    限られています。
(注2)基礎疾患を有する方とは、次のいずれか
    にあてはまる方です。
  1. 以下の病気や状態で通院/入院している方
 (1)慢性の呼吸器の病気
 (2)慢性の心臓病(高血圧を含む)
 (3)慢性の腎臓病
 (4)慢性の肝臓病(ただし、
    脂肪肝や慢性肝炎を除く)
 (5)インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病
    又は他の病気を併発している糖尿病
 (6)血液の病気(ただし、
    鉄欠乏性貧血を除く)
 (7)免疫の機能が低下する病気
    (治療中の悪性腫瘍を含む)
 (8)ステロイドなど、免疫の機能を低下
    させる治療を受けている
 (9)免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
 (10)神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の
    機能が衰えた状態(呼吸障害等)
 (11)染色体異常
 (12)重症心身障害(重度の肢体不自由と
    重度の知的障害とが重複した状態)
 (13)睡眠時無呼吸症候群
 (14)重い精神疾患(精神疾患の治療のため
    入院している、精神障害者保健福祉手帳
    を所持している、又は自立支援医療
   (精神通院医療)で「重度かつ継続」に
    該当する場合)や知的障害(療育手帳を
    所持している場合)
 2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
 ・BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 ・BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、
  身長160cmで体重77kg
(注3)ワクチンの供給量・時期等によっては、年齢等により接種時期を細分化する可能性があります。

接種前のご質問やご相談について

効率よく多くの方に接種ができるようご協力をお願いいたします。このために、当日のご質問やご相談には応じる余裕がございませんので、予防接種に関するご質問がある方は、厚生労働省や徳島市の新型コロナワクチンコールセンターもしくは新型コロナワクチン相談窓口にお問い合わせいただけるようご案内申し上げます。

徳島市新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する徳島市の電話相談窓口です。
接種スケジュール、接種対象者、接種手続きに関するお問い合わせを受け付けています。
(徳島市新型コロナワクチンコールセンター)
電話番号: 088-678-8707
受付時間:8時30分~20時00分
     (土日・祝日も実施)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口です。
予防接種の有効性、安全性に関することや副反応のリスク、副反応防止に関することは厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。
(厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター)
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分
     (土日・祝日も実施)

新型コロナワクチンに関する相談窓口

令和3年3月15日に新型コロナワクチンに関する相談窓口を開設しました。

場所:国際親善コーナー(徳島市役所1階)

 

予約方法

接種のご予約は、当院のホームページからのネット予約(LINEからのご予約も可能、LINEのお友達登録をお願いいたします)から承ります。
ご予約の開始は令和3年9月7日(火)の14時からとなります。なお、新型コロナワクチンの接種は令和3年10月末で終了いたします。令和3年11月から令和4年1月15日まではインフルエンザの予防接種を行います。その後の状況次第では、新型コロナワクチンの接種を再開することもございますので、当院ホームページをご確認ください。

インターネット予約

※当院にかかったことある方は診察券番号が必要です。
※当院が初めての方でも接種券が届いていれば予約が可能です。

こちらの予約サイトでは、1回目接種日の予約をお取りできます。(2回目は3週間後に自動で予約されます)
接種日時:9月12日(日)から10月2日(土)まで
 ◎当院にかかったことある方:接種予約日は日曜日~土曜日です
 ◎当院が初めての方:接種予約日は日曜日、月曜日です
接種時間:予約日により異なりますので、必ずご確認下さい。

市町村より送付された接種券がお手元にある方は、接種券番号を入力してください。
(接種券が届いている方で、接種券番号が分からない方は、空欄のままお進みください)

予約変更・キャンセルについて
1回目の接種日の予約の変更、キャンセルは可能です。
※1回目予約日と2回目予約日はセットで予約となります。2回目のみの変更、キャンセルはお受付できません。
※予約の変更、キャンセルされた方は、確認のため当院(088−677−5171)までお電話でご連絡下さい。

2回目の接種の予約について
※2回目の予約日は、1回目接種日の3週間後となります。
※2回目は3週間後に自動的に予約されます。

予約日当日の持ち物
●接種券
●予診票 (中学生以下の場合、接種希望書欄に保護者のサインが必要です)
  ※密回避のため、あらかじめご記入の上ご来院いただきますようお願いいたします。
   なお、可能であれば検温もお願いいたします。
●保険証(または免許証または本人確認書類)

*当日は半袖(ゆったりとした袖)でお越しください。
*中学生以下(ただし12歳以上)は、保護者同伴でお越し下さい。

 

接種当日の注意事項

・接種当日に体温測定をして下さい。37.5度以上などの明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などには接種を控えていただく必要があります。前記の状態があれば、速やかに当院(088-677-5171)にご連絡ください。今後の接種の予定についてもご相談いたします。

・待合室での3密を避けるために、あらかじめ検温・予診票など必用書類の記入はご自宅で済ませてください。

・ご来院の際、市町村より郵送される「接種券」および「予診票」「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど)」を必ずお持ちになって下さい

・ワクチンは、三角筋(肩のあたり)に接種しますので、半袖のシャツなど肩の出しやすい服装でお越し下さい。

ワクチン接種後の注意点

・新形コロナワクチンの接種後、15分以上院内で待機していただき、アナフィラキシーなどの副反応が出ないか確認させていただきます。当院ではアドレナリン注射薬や気管内挿管セットやAEDなど救急セットを準備して対応しております。

・お帰りになってから体調不良を感じられた場合、速やかに当院(088-677-5171)もしくは下記コールセンターにご連絡ください。

徳島県新型コロナワクチン専門相談コールセンター

新型コロナワクチンについて、接種後の「副反応」など、「医学的知見が必要となる専門的な相談」など、「市町村では対応困難な問合せへの対応」を行う徳島県の窓口です。
1 開設日時 令和3年3月6日(土曜日)
  午前10時~
2 対応日 全日(24時間対応、
  土日・祝日含む)
3 相談先
  電話:0120-808-308(フリーダイヤル)
  ファックス:0120-939-412
       (フリーダイヤル)
  メールアドレス:vaccine_tokushima@bricks-corp.com
4 その他
 保健師または看護師が電話対応を行います。
 聴覚に障がいのある方、在住外国人の方等、電話相談が難しい方に向けて、ファックス及びメールの相談を受けつけます。

・接種当日の入浴には問題はありません。注射を受けたところは清潔に保つようにして、こすらないようにしてください。

・当日の激しい運動は避けてください。

接種を円滑に終了させるために

テレビや新聞の報道で、予約にかかる混乱などが取り上げられております。当院では、可能な限り円滑に予防接種ができるよう、スタッフ一同努力しております。実際に接種を開始してみて不都合が生じたときには、速やかに体制を変更して対応いたします。その際にはホームページに情報をアップロードいたしますのでご確認をいただけますようご案内申し上げます。みなさまのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

新形コロナワクチンQ&A

厚生労働省「新形コロナワクチンについてのQ&A」サイトをご案内致します。

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/

予防接種を受けるかどうかを迷っています。

新型コロナワクチンの接種は任意接種ですので、必ず接種しなければならないものではありません。上記の厚生労働省の情報サイトなどをご参照いただきご判断ください。接種当日は、多くの方に効率よく接種を行うため、診察室でのご質問やご相談に応じることはできませんのでご了承ください。

初めて受診するのですが予約は可能ですか?

ご予約は可能です。当院のホームページよりご予約ください。初めて受診される方の接種可能な日は、令和3年9月12日(日)から同年10月2日(土)までの日曜日もしくは月曜日となります。接種時間はホームページにてご確認ください。

電話での予約は可能ですか?

一般の診察に関するお電話が大変混雑しております。このため、新型コロナワクチンの接種は、お電話によるご予約を受け付けておりません。

接種の予約したのですが、どうすればよいのですか?

ワクチンは1回開けると6時間以内に接種しなければなりません。このため時間厳守でご来院下さい。ご都合がつかない場合、速やかに当院(088-677-5171)までご連絡ください。接種の順番は次の方に繰り上げられます。この場合、改めてご予約のご相談をいたします。1回目の接種の3週間後に2回目の接種がございます。

急な都合でキャンセルをしたいのですが?

当院ホームページの予約欄よりキャンセルを承ります。1回目をキャンセルされると自動的に2回目もキャンセル扱いとなります。2回目のみのキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。なお、キャンセルをされた場合、確認のために当院(088-677-5171)までお電話にてご連絡ください。

接種当日に持って行くものを教えてください

市町村より郵送される「接種券」および「予診票」に加えて「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど)」を必ずお持ちになって下さい。

ワクチンは、三角筋(肩のあたり)に接種しますので、半袖のシャツなど肩の出しやすい服装でお越し下さい。

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
WEB問診 LINE友だち登録
一番上に戻る