ブログ

2018.10.21

インフルエンザについて

1.インフルエンザとは

インフルエンザとは、

インフルエンザウイルスの

感染によって引き起こされる

感染症です。

インフルエンザウイルスは

主に喉や気管支、肺に感染して

増殖することで、喉の痛みや

鼻汁、鼻づまり、咳、痰などの

呼吸器症状に加えて、悪寒、

高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、

全身のだるさなどの症状が

見られることが特徴です。

 

1-1.  インフルエンザウイルスとは

インフルエンザウイルスの

大きさは、直径約1万分の1ミリです。

ウイルスは生きた細胞の中でしか

増殖できないため、空気中や

土壌中などでは増殖しません。

A型、B型、C型に

大きく分類されますが、

このうち大きな流行の

原因となるのは

A型とB型とです。

 

1-2.  感染経路

インフルエンザの感染経路には

以下のものが挙げられます。

インフルエンザ患者さんの咳や

くしゃみのしぶき(飛沫:ひまつ)に

含まれるウイルスを吸い込む

ことによって感染する「飛沫感染」と、

ウイルスが付着した手で口や鼻に

触ることによって感染する

「接触感染」です。

ウイルスに感染すると1-2日

(長いときには約1週間)の

潜伏期間を経て発症します。

 

2.インフルエンザの症状

2-1.インフルエンザとかぜとの違い

どちらもウイルスによる

感染症ですが、かぜに見られる

喉の痛みや鼻汁、鼻づまり、

咳、痰などの呼吸器症状に加えて、

悪寒、高熱、頭痛、筋肉痛、

関節痛、全身のだるさや、

気管支炎、肺炎、中耳炎、脳症などの

合併症が見られることが特徴です。

 

  2-2. ハイリスクグループとは

以下の条件に当てはまる方は、

インフルエンザに感染すると

重症化しやすいと言われています。

これらに当てはまる方は、

積極的に予防接種を

受けていただけますよう

ご案内致します。

 

     ・高齢者(65歳以上)

     ・小児(5歳未満)

     ・妊娠中

     ・基礎疾患がある

    慢性呼吸器疾患

    (喘息、慢性閉塞性肺疾患など)

    慢性心疾患

    (先天性心疾患、冠動脈疾患など)

     ・腎機能障害

     ・免疫機能不全

        (ステロイド内服、

         T細胞性免疫不全など)

 

3.インフルエンザの検査

インフルエンザの検査は、

鼻や喉の粘液を綿棒でぬぐい、

迅速抗原検査キットを

用いて行います。

おおよそ5分ほどで

診断が可能ですが、

症状が出て間もないときや

  十分に粘液が採取できて

  いないときには、

  感染していても

  陽性にならないことがあります。

 

4.インフルエンザの治療

主なものとして、

抗インフルエンザウイルス薬

の使用が挙げられます。

飲み薬3種類、吸入薬2種類、

点滴注射薬1種類があります。

いずれも症状が出てから

48時間以内に使用することで、

ウイルスの増殖を抑え症状の

改善までの時間を短縮します。

その他には、症状にあわせて、

咳止め、解熱剤、去痰剤などの、

いわゆるかぜ薬も

使用することがあります。

 

5.インフルエンザを予防するために

5-1.日常生活での予防

     ・十分に栄養と睡眠とをとって

      体調を整えましょう

     ・外出から帰ったときは、

      必ずうがい・手洗いをしましょう

     ・アルコールを含んだ

      手指消毒液などの使用も

      効果的です。

     ・感染してしまった場合、

      咳をするときは、他の人から

      顔をそらし、ティッシュペーパー

      などで口と鼻とを覆う、もしくは

      マスクの着用を心がけましょう 

 

5-2.ワクチン

インフルエンザの予防には

ワクチンの接種も効果的です。

現在使われているワクチンは、

不活化ワクチンといって

インフルエンザウイルスの

感染力を失わせて、

ヒトが免疫を得るのに

必要な成分だけを取りだして

製造したものです。

 

このため、ワクチンには

感染力はなく、予防接種を

受けたからといって

インフルエンザを発症する

ことはありません。

もちろん、妊娠中の方でも

接種には問題はないので

ご安心ください。

 

なお、2018年のインフルエンザ

ワクチンの対象株は

国立感染症研究所からの

情報によると以下の通りです。

 

A/Singapore(シンガポール)

/GP1908/2015

(IVR-180)(H1N1)pdm09

A/Singapore(シンガポール)

/INFIMH-16-0019/2016

(IVR-186)(H3N2)

B/Phuket(プーケット)

/3073/2013(山形系統)

B/Maryland(メリーランド)

/15/2016(NYMC BX-69A)

(ビクトリア系統)

 

当院では11月1日から

翌年1月15日の予定で、

インフルエンザワクチンの

予防接種を行っています。

 

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る