ブログ

2018.08.13

熱中症に気をつけましょう

酷暑の日々が続いています。熱中症にならないように気をつけましょう

■熱中症とは
「熱中症」とは暑い環境に身体が適応できず、健康に障害を来す状態の総称です。
症状によって、以下の病態に分類されています。
熱失神:皮膚血管の拡張により血圧が低下してめまいや失神を来す
熱けいれん:大量発汗による血液の塩分濃度の低下により、筋肉がけいれんする
熱疲労:脱水によるけん怠感や嘔気、頭痛などが見られる
熱射病:体温上昇により中枢神経の異常をきたし、応答、言動、意識状態などに異常が見られる。

■熱中症を予防するために
・環境対策:涼しい服装で、帽子や日傘などを利用し、室内ではエアコンを使用しましょう。
・身体対策:エアコンや扇風機などを使用してぐっすりと眠られる環境を整えましょう。胃腸炎や風邪など体調不良のときには無理をしないようにしましょう 。
・行動対策:激しい運動やなれない運動、長時間の屋外作業はできるだけ避け、こまめに水分補給をしましょう。大量の汗をかくときには塩分の補給も重要です。スポーツドリンクなどの飲用もお勧めです。

■熱中症かなと思ったときには
・涼しい場所に移動しましょう
・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう
・塩分や水分を補給しましょう
・それでも症状に改善がない場合には医療機関に相談、または救急車を呼びましょう

政府、自治体などから注意喚起が繰り返し行われています。
くれぐれもご注意ください

TEL:088-677-5171 お問い合わせ予約フォーム
一番上に戻る